ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

WEB制作 ストーリー

第3話 LPの使い方

よし、LPも作ってがんばるぞ!でもどうやって使えばいいんだろう?

そこが1番大事だね。いいものを作っても使い方が間違っているんでは上手くいかないからね。

んー、ホームページ内に設置すればいいのかな?

もちろんそれも使い方の一つだね!特に目立つメインビジュアルのリンク先にLP設置なら、ユーザーも困惑しないね。でも使い方はほかにもあるよ!

教えて教えて~♪

まず大事なのは、ユーザーとのコミュニケーションをしっかりととることなんだ。

ユーザーとのコミュニケーション?

そう、具体的に言えば「ユーザーが検索した語句」に対する「答え」を1番最初に出してあげないといけないよね。

・・・(どういうことなの)

例えば、ユーザーが「エステサロン オススメ」と検索する。つまりそのユーザーは評判の良いエステサロンが知りたい、ってことだよね?でもそのユーザーに対して、「エステサロンのプラン」や「エステサロンの場所」っていうページが出しても意味がない。

確かに。そのユーザーはとりあえず評判の良いエステサロンが見たいんだもんね!これがコミュニケーション!

その通り。ユーザー探していることの答えを簡単に、そして的確に説明してあげるのが大切なんだ。

検索結果をクリックした時、ホームページじゃなくて真っ先に自分の作ったLPを表示したらユーザーにとっても嬉しいんじゃないかな?でもそんなこと出来るのかな・・・。

今日は冴えてるね!実はリンク先も方法次第では対処出来るんだよ!もうちょっと具体的に説明するね

(・・・いつも冴えてるもん)

■まとめ

  • web内でもユーザーとのコミュニケーションの取り方に気をつける
  • ユーザーの検索語句に合わせた飛び先を準備してあげる

それで、飛び先を変えるってどうすればいいの?だいたい最初の飛び先はホームページのTOPになっちゃうんじゃない?

だいたいTOPになっちゃうよね?でもそれは自然検索の場合だよね。LPを効果的に使って集客したいならリスティング広告などのweb広告を使うのが効果的だね。

リスティング広告?

ネット広告のことだよ!それなら、ユーザーの飛び先は自分で決められるんだ。

そうなんだ!それなら効果も出やすそうだね。

そういった場合にLPはよく使われるね。ユーザーとのコミュニケーションを図るためにもそういったサービスも掛け合わせるべきだね。LPは単体で作って終わりって言う場合は少ないからね。

ふむふむ。つまりLPは一つの道具ってこと?

本当に今日は冴えてるね!そう、集客のための手段の一つのツールでLPがあるって雰囲気かな。

(いつも冴えてるのに・・・)

そう、集客のための手段の一つのツールでLPがあるって雰囲気かな。ってあれ・・・どうかした?

ううん、なんでもない!そういった道具を増やすことも大事って事だね。

その通り!

■まとめ

  • LPはそれ単体で使うのではなく、広告などと掛け合わせた仕様が効果的。
  • LPは集客のための一つのツールとして使用する。
第2話 LPって効果あるの?
第4話 LPのポイント
-->