ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

SEO対策に効果のある被リンク設定方法

SEO対策に効果のある被リンク設定方法

スポンサードリンク

SEO(Search Engine Optimization)対策をしっかりと行っていますか?
ちゃんとしたSEO対策を行っているホームページであれば検索上位に表示することが可能になります。逆に、SEO対策を行っていない場合、不適切なSEO対策を行っている場合にはいつまで経っても検索順位の向上は見込めません。
昨今のSEO対策と言えば「コンテンツ is キング!」などと言われコンテンツが重要視されてきました。コンテンツとは情報の事です。つまり「コンテンツ is キング」という考え方は、ホームページ内に掲載されている情報がどれだけユーザーに有益なものであるかを重要視したSEO対策手法ですね。

確かにコンテンツが充実しているホームページはユーザーにとっても利便性が高くなりますし、SEO対策効果が高いのも事実です。しかし、しっかりとしたSEO対策を行っていくためには記事コンテンツを量産していくだけではいけません。適切な、また効果的なコンテンツを生産し、Googleにコンテンツが有益なものであることを認めてもらわなければいけません。
SEO対策を行う上での1番の大前提が「検索エンジンはGoogleのものである」ということです。我々はGoogleが敷いたフィールド上でSEO対策を行い検索順位を競います。本当の意味でのSEO対策を行っていくためには、Googleの意向を理解しGoogleに評価してもらうことが必要になります。

今回はそのSEO対策の中でも評価が分かれやすい「被リンク」に関してです。

被リンクとは?

SEO対策に効果があるとされていた「被リンク」とはそもそもどういったものなのでしょうか?
被リンクとはその名の通りです。
「被」=受ける
「リンク」=繋がり

あなたが自分のホームページを持っている際に、どこか外部のホームページ(ドメインが違うホームページ)からあなたのホームページへのリンクが貼られたとします。
このように外部からあなたのホームページへ向けてのリンクが貼られることを「被リンクを受ける」と言います。そのリンクの事を「被リンク」と呼びます。

逆に、あなたのホームページから外部ホームページ(ドメインが違うサイト)へリンクを貼る事を「発リンク」と言います。
今回は発リンクではなく、被リンクに関して。

ユーザー流入効果

あなたのホームページに対してのリンクが貼られたとすると、外部ホームページを閲覧しているユーザーがあなたのホームページへも流入してきますよね。今までは自然検索からの流入しか獲得できていなかったかもしれませんが、これでユーザーが流入してくる窓口が増えました。

ユーザー数(セッション数 etc…)が増加すると、それだけ人が見ている=ユーザーが興味がるホームページと判断され自然検索順位は向上する傾向にあります。人がたくさん見ているということは、それだけ魅力的な内容が記載されていると判断されるわけですね。
つまり、被リンクが付くことによってユーザー流入数が増加しSEO対策効果があります。

リンクジュースの効果

被リンクが付いたあなたのページはユーザー数が増加しますね?しかし、リンクを送った外部ホームページからすれば、あなたのホームページへリンクを張ったことによってユーザーが流出していきます。つまり、自分のホームページから離脱してしまうユーザーが発生します。
外部ホームページの管理者は、ユーザーを逃がしてしまうのになぜリンクを貼るのでしょうか?

それは【それだけあなたのホームページに価値があった】からですね。あなたのホームページが外部サイトよりも詳しく説明されていたり、オリジナルの情報が掲載されていたり、他とは違った切り口を持っていたりするため紹介してくれるわけですね。

ということは、「リンクを貼られる=評価が高いページ」となります。それだけ外部の人が紹介したいと思ってくれているということは、評価が上がりますよね。評価が高くなるということは自然検索順位が向上します。最初に話したようにGoogleはユーザーにとって有益な情報を検索上位に表示しようとします。
つまり総合すると、「リンクを貼られる(被リンクが付く)=検索順位が上がる」となります。

リンクを貼ると自然検索順位が上がるということは、【リンク】というものにはそれだけの力があると言えます。この力のことをリンクパワー、もしくはリンクジュースと呼びます。リンクジュースを多く受けると検索順位が向上します。

リンクキーワードの関連性

被リンクと言うのは、「ただ付けば検索順位が上がる」ものでもありません。リンクジュースによって検索順位の向上が望めますが、それはあなたのサイトが評価されたからだと説明しましたよね。
つまり、あなたのサイトが適切な評価を受けていない場合には検索順位の向上は望めません。

リンクが貼られている状態のホームページを見たことがあるでしょうか?ここでは簡単に【テキストリンク】の場合で説明したいと思います。
コラム記事、ブログ記事などを読んでいて色が違うテキストをご覧になったことがあるでしょう。その色が違うテキストはリンクが貼られているテキストになります。外部リンク、内部リンク問わず基本的にリンクが貼られたテキストは文字色が変わります。
もし、そのリンクがあなたのホームページに対しての外部リンクだった場合、あなたにとってはそのリンクが被リンクとなりますね。しかし、その被リンクですがリンクの形によってはSEO対策効果が無い場合があります。

一つ、例を出して考えてみましょう。
もしあなたが車の情報サイトを運営していたとします。車の車種情報や流行り、お得な買い方かた売り方まで様々な情報発信をおこなっているメディアサイトです。そこへ被リンクが付きました。これで検索順位が上がるかもしれませんね。
しかしそのリンク元ページを見てみると、ページは食品販売を行っているホームページでした。そのホームページ内のブログで「美味しいお餅」といったテキストであなたのホームページに対してリンクが送られています。

あなたのホームページはお餅の紹介をしているホームページではありませんよね。車の情報サイトです。お餅を買おうとしてあなたのホームページを訪れたユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。
リンクテキストとリンク先の情報がまったく一致していないのでユーザーにとって有益な情報、リンクとは言えませんよね。そういった場合には検索順位の向上は期待できません。
さらに言うと、リンク元のホームページは食品販売を行っているホームページで、あなたのホームページは車情報を配信しているホームページです。ホームページ自体の統一性、一貫性が薄いためリンクの効果も低くなります。

逆に、キャッシングサイトから車の売り方のページに対してリンクを送り「賢い車の売り方、お得な買い方はこちら」などのテキストリンクを貼っていたとしましょう。あなたのホームページには被リンクが付きました。
リンクのテキスト内容とあなたのホームページの内容は一貫性がありますよね。あなたのホームページは車の売り方、買い方も紹介しています。
さらに、キャッシングを利用している人はお金に困っているので、車を売りたいと思っているかもしれません。そういったユーザーに対してあなたのホームページをアピールすると有効かもしれません。こういった場合の被リンクはSEO対策上の効果があります。検索順位の向上が期待できますね。

リンク効果が無くなる場合がある

しかし、一時期を境に被リンクによるSEO対策効果が低くなりました。「低くなったホームページがあった」という表現が正しいかもしれません。
これはGoogleによって検索エンジンがアップデートされたことによる影響です。リンク関連の情報に対してのアップデートをペンギンアップデートと呼びます。

そのペンギンアップデートが起きてから、一部の方たちの間で「被リンクは悪だ!」といった評判が広まりました。被リンクが付いたところで検索順位は上がらない!検索順位が大きく下がった!というレビューが広まりました。

被リンクは悪なのか?

現在、被リンクと聞くと「そんな古い手法を使って!」と言われる方も多くおられます。
確かにひと昔までは先ほどのような被リンク設定を行っているだけで検索上位に表示することが可能でした。しかし、現在は以前までの被リンクによるSEO対策では検索順位を向上させることは難しくなってきています。検索順位が上がらないどころか、ペナルティを受けホームページが検索順位圏外まで追放されてしまう場合も…。

そういった検索順位の動向から「被リンクによるSEO対策は悪だ!」と言われる方が増えました。
なぜ以前まで効果のあった被リンクによるSEO対策でいきなり検索順位が下がるような現象が起きたのでしょうか?

ペナルティを受けた被リンク

検索順位が下がってしまうリンクの貼り方として、様々な要因がありました。このように自分のホームページの検索順位が下げられてしまうことを「ペナルティを受ける」と言います。
「被リンクがあるからペナルティを受ける」のではなく、ぺナルティを受ける被リンク設定がされていたため検索順位が下がっていました。

自演リンク(self link)

リンクを貼ることによって検索順位が上がるのならば、これは誰しもが思いつく方法かもしれませんね。
「被リンクが付くことで検索順位が上がるなら、自分で自分のホームページへリンク付けちゃえ!」という考えですね。そのように自分で自分のホームページに対してリンクを貼ることが「自演リンク」と呼ばれます。
確かにペンギンアップデートが行われる前までは自演リンクを貼ることによって検索順位の向上が見られました。

自分で2つのホームページを運営し、メインサイトに対してサブサイト(サテライトサイトもこの一種です)からリンクをお送ります。リンク元サイトも自分で編集ができるため、効果的なリンクジュースを送ることが可能でした。さらに、リンクを通ってきたユーザーに対して細部まで分析が可能になるため、ホームページの解析から修正が比較的細かくできました。

しかし、やはり自演リンクが流行すると検索結果に表示されるホームページが自演リンクだらけのホームページになってしまいます。正当な評価を受けたホームページではないため、表示されているホームページにユーザーが知りたい情報が掲載されているとは限りません。そういった状態はGoogleの指針に反するため、自演リンクを行っているホームページは検索順位を下げられる傾向になっています。

具体的にGoogleはリンクされている相互のホームページが同一所有者のものかどうかを判断しています。
Googleツールである「サーチコンソール」や「Googleアナリティクス」に相互のホームページ登録されていると、そのホームページはどちらも同じ管理者になっていると判断されます。これは、同一のGoogleアカウントを使用していることで判別されます。

  • Googleアナリティクス
  • Search Console
  • Google+

等のGoogleから提供されているサービスは、Googleアカウントを使用することで利用可能になりますね。そのため、利用しているユーザーの判別が可能になります。
アカウントを振り分けていたとしても、使用されているPCで判別されている場合もあります。PCを判別するというよりは、インターネットの回線で判別されます。インターネット回線には固有のIPアドレスが存在しますので、そのIPアドレスをGoogleが判断し自演リンクと判別しています。

自演リンクは完全な悪ではない

ただ、自演リンクを行ったからと言って絶対的にペナルティを受けるわけではありません。
リンクが有効であるかを判断するのは、ホームページの管理者が誰かによって判断しているわけではありません。そのリンクがユーザーにとって有益なものであるかどうかで判断されます。自演リンクを貼ったとしても、そのリンクがユーザーにとって有益なものであれば当然ペナルティを受けることはありませんし、検索順位が上昇することもあります。

しかし、リンク元となるサブサイト(サテライトサイト)の品質が極めて低い場合にはペナルティの対象になります。
リンク元サイトの内容が薄く、ただ自演リンクをするためだけのホームページとして使用されているようではGoogleから品質の低い、必要のないホームページと判断されてしまいます。そのため、サブサイトだけではなく、メインサイトまでがペナルティを受ける可能性があります。

ペイドリンク(payed link)

以前までのSEO対策で用いられていた被リンクというのは、いわゆる【ペイドリンク(payed link)】と言われるリンクでした。
payとは金銭のことを表しますよね?ペイドリンクとは、その名の通り「金銭などの対価を提供して受けるリンクサービス」のことです。自分のホームページに対してリンクを貼ってもらうために、リンク元の業者(個人の場合もあります)に対してリンク料金を支払っていました。「リンク1本を貼ってもらう事に対して○○円」などお金を払っていたのですね。
「被リンクが付くと検索順位が向上する!」といった情報が広まり、被リンクをいかに多くつけるかがSEO対策の基本となっていた時代がありました。そうなると、誰しも自分のホームページに対して被リンクが欲しくなりますよね。

みんながお金を払って貼っていったリンクは、どうでしょうか?
実際にそのホームページ内のコンテンツ(情報)が有益だと思われてリンクを貼られているわけではないので、ユーザーにとって有益なリンクとは言えませんよね。お金を払えばリンクが付いています。
テキスト部分だけを見て「ここのサイト見てみよう!」と思ったユーザーがいたとしても「このサイトには欲しい情報が無いな」と思って離脱してしまうユーザーがいますね。
しかし、リンクを貼っているだけで検索順位が上がるような検索エンジンとなっていたため、ユーザーにとって有益ではないホームページでも検索上位に表示されていました。そういったホームページが、ユーザーが自然検索を行ったときに最初に目にするホームページになりますよね。

検索順位の決定基準としてリンク効果が大きくなると、大量のペイドリンクにより検索上位に表示されているホームページが内容の薄いホームページだらけになってしまいました。すると、ユーザーがインターネット検索をするメリットが無くなってしまいます。検索して情報を探しているのに、表示されるホームページには知りたい内容が載っていませんからね。
Googleは「インターネット検索をたくさん行ってもらうこと」が目的です。ユーザーが検索を行てくれないような状況は避けなければなりません。そのためペンギンアップデートが実施され、検索順位の大幅な変更が行われました。

ペンギンアップデートによって、ペイドリンクを貼ってリンク効果によって検索順位を操作していたホームページは一斉に検索順位が下がってしまいました。
ホームページを運用する身としてはペナルティは絶対に避けたいものですね。

効果的な被リンク

Googleのペンギンアップデートによってペナルティを受けるという話をしましたが、すべての被リンク効果がなくなったわけではありません。
「被リンク=悪」といった印象が強くなっていますが、被リンクに関してGoogleはしっかりと評価をしています。被リンクが多いホームページはやはり検索順位も上がりやすくなっています。
ペンギンアップデートによって「被リンク=悪」となったわけではなく、
「悪質なリンク操作をしているサイトが暴かれた」
だけです。正当な、ユーザーにとって有益なリンクはしっかりと評価されています。

では、Googleからしっかりと評価してもらえる被リンクとはどのようなものなのでしょうか?

リンク元が評価の高い被リンク

現在、被リンクのSEO対策効果を得ようと思うとリンク元ホームページの評価が重要になっています。
評価の低いホームページというのは、ホームページの内容が薄くユーザーにとって無益なサイトと定義されます。そういったサイトからいくらリンクを送られたとしても、その被リンクに対しては効果がありません。ユーザーの移動は可能ですが、一般的にリンクジュースと呼ばれるSEO対策上の効果がありません。

逆に、リンク元のホームページがGoogleから高評価を受けている場合、被リンクのSEO対策効果が高くなります。評価が高いホームページが紹介しているページなので、そのリンク先も評価が高いホームページである可能性が高いと判断されます。
さらにリンクテキストとリンク先ページ内容の関連性が高い場合には被リンク効果が高くなります。ユーザーが探している情報をしっかりと提示できていると判断されるので、ユーザーにとって有益なリンクとなりますよね。

リンク元が分散している

いくら被リンクの数が多くても、一か所のホームページからいくつも被リンクを受けているのではSEO対策上の効果は薄くなります。
それは、管理者による問題もあるのかもしれませんが、一か所からのリンクは1管理者からのリンクと見なされます。1サイトからのリンクですと、リンク元のホームページテーマ(サイト内の内容)は同じですよね。ということは、一種類のリンクと見なされる可能性があります。

そのため、リンク本数を増やしたい場合には1ホームページからの多数リンクではなく、ドメインが分散したリンク元を獲得しましょう。様々なドメインからのリンクを獲得することができれば被リンクによる検索順位の向上が期待できます。

IPが分散している

先ほど、自演リンクによる被リンクは効果が出にくいとお話ししました。
IPによってホームページ管理者が判断されているとご説明しましたが、同一IPからの被リンクの場合はSEO対策上の効果があまりありません。しかし、IPが分散している(違う人が運営している)ホームページからのリンクをたくさん獲得することができると、SEO対策上の効果があります。

それだけたくさんの人(管理者が違うホームページ)からの信頼を得られていると判断されますので、検索順位の向上が期待できます。

ページランクを高める

被リンクの評価はリンクの本数によって決まるものではありません。被リンクが100本付いているホームページよりも、被リンクが10本だけのホームページの方が検索順位が高くなる可能性があります。
ページの検索順位を決定する要素に「ページランク」というものがあります。ページランクはそのホームページ自体の評価点数と考えると分かりやすいかもしれませんね。

被リンクは本数が重要ではないと説明しましたが、重要なのはリンクの「密集度」です。
単発で何本もリンクを受けているホームページよりも、多くのサイトから送られている被リンクが密集しているホームページのほうがSEO対策効果が高くなります。そのリンクの密集度を表したものが「ページランク」です。評価の高いホームページというのは数値化が難しいものですが、ページランクを見ればそのホームページの評価がある程度把握できます。

同じ言語からのリンク

これは、ペイドリンクの場合に多くあったケースです。
ペイドリンクを行っていた会社は海外のサーバーを利用するパターンが多くありました。さらに、そのホームページの言語も外国語にすることでGoogleからのペナルティを避けるようにしていました。

現在では、海外サイトからの被リンクにはあまりSEO対策上の効果が期待できません。日本語のホームページなら日本語のホームページからのリンクを、外国語のホームページならば外国語のホームページからのリンクを獲得しましょう。
外国語サイトからのリンクが絶対的に悪いわけではありません。しかし外国語サイトからのリンクがあまりに多くなるとスパム行為の疑いから、被リンクの質が低いと判断され検索順位が下がる(ペナルティを受ける)可能性があります。

発リンクの少ないページからのリンク

被リンクとは、別ドメインからのリンクを受けることですが、発リンクとは逆にリンクを送ることを言います。
あなたのホームページが別のホームページからリンクを獲得した場合、あなたのホームページには被リンクが付いたことになり、相手のホームページは発リンクをしたことになります。発リンクを行う数に対しては制限がありません。

「リンクを貼る」という行為は、そのページの「力」を他のサイトに渡す行為になります。
バケツに入った水を想像してみてください。バケツ一杯に水が入っています。その水をあなたは下で受け止めようとします。バケツの底に1つだけ穴が開いていれば、その穴からしか水は出てきませんのであなたはすべての水を受け止めることができますよね。その中から出てくる水の100%を受け取ることができます。
しかし、バケツの横にも穴が無数に開いていたとすると、その穴からも水が流れ出ますよね。バケツの横で水を受け取る人がいます。となるとあなたが受け取る水の量は減りますよね?他の穴から水が流れ出ているので100%をあなたが受け取ることができません。
穴が少ない=出ていく箇所が少ないほどあなたが受け取れる分量が多くなりますよね。ホームページからのリンクも同じような原理です。

発リンクが多いホームページからの被リンクよりも、発リンクが少ないホームページからの被リンクのほうがSEO対策上の効果は高くなります。

SNSによる被リンク効果

最近では、SNSによる拡散をよく行いますよね。ソーシャルメディアでどれだけ話題になれるのか、といった部分も無視できない状態になっています。

Facebookによる拡散には<rel="nofollow">のノーフォロータグが付与されます。nofollowといった表記は、相手に対してリンクジュース(被リンクのSEO効果)を送らないようにするためのものです。
そのnofollowが付与されているのでSEO対策には効果がない!と断言される方もいますが、そうは言い切れません。SNSによって拡散されると、そのホームページを閲覧するユーザーが大きく増えます。それだけ多くのユーザーに閲覧してもらえれば、そのページ内容に共感してくれる方も増えます。
その結果、さらに二次的な拡散が期待できます。その際にはSNSによる拡散だけとは限りません。その個人が自分のホームページから拡散してくれる可能性があります。

そうなると、SEO対策上の効果がありますよね?
リンクジュースを受けることができますし、ユーザーの流入数も増えます。さらにSNSで一度拡散したことにより、その内容に興味のあるユーザーが多く集まりますのでホームページ内でのユーザー行動も良質なものになりますね。

被リンクを見直しましょう

被リンクによるSEO対策効果は無くなった!
と言われることがありますが、そういった事実はありません。一時期のようにリンクを貼れば検索順位が上がるということは無くなりました。
しかし、しっかりとGoogleの規定に乗っ取ったリンクを獲得していれば、Googleからも評価され検索順位の向上が期待できます。

「被リンクを付ける」ことを目的にしていると、ホームページとしての機能を無視してしまう可能性があります。被リンクは「有益なサイトと評価された」から付与されるものです。まずは被リンクを受けられるだけのしっかりとしたコンテンツを作成しましょう。
被リンクは良いコンテンツが評価された結果、と受け取っておくと安全かもしれませんね。「コンテンツ is キング!」と言われますが、キング!と判断されるための一つの要素が被リンクです。全く別物として扱って、「こっちは悪だ!これが絶対だ!」そういった考え方は控えましょう。

そもそも、ホームページの評価は被リンクだけで判断されているものではありません。ホームページを評価する際の一つの要素が「リンク」であるだけです。最近、話題になっている「SEO対策」は本質的な検索エンジン対策の内容から外れているように感じます。

  • 検索エンジンはGoogleのフィールドである事
  • Googleという会社の目的

をもう一度考えてみましょう。そうすれば適切なSEO対策が可能になりますね。

そのうえで被リンクを操作する場合には細心の注意を払って被リンクを送りましょうw

 - ホームページ・ウェブサイト制作

この記事の執筆者:

-->