ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

レスポンシブデザインとは?

スポンサードリンク

webサイト制作の際によく耳にする言葉「レスポンシブデザイン」そもそもどういった意味なのでしょうか?
追加料金が発生する制作会社様もありますが、レスポンシブデザインにすることでどのようなベネフィットがあるのでしょうか?

ユーザビリティを意識した作り

レスポンシブ

レスポンシブデザインとは色々なデバイスの画面サイズに対応したwebサイトの作りです。様々な機種や端末に対して一つのファイルで対応することをレスポンシブといいます。
ユーザーは皆それぞれwebサイトを閲覧するデバイスが違いますよね?ショッピングをするさいにパソコンで閲覧するユーザーがいれば、スマートフォン(スマホ)で閲覧するユーザーもいます。パソコンとスマホではそれぞれ画面サイズが違います。

パソコンに適したサイズでwebサイトが構成されてしまっていると、スマホでは見づらくなってしまいます。パソコンで見た際に画像が一面にしっかり見えていても、スマホだとその画像の一部しか表示されていなかったり。パソコンだと文章が見やすい大きさで表示されているのに、スマホだととても小さな字になって読めなかったり・・・。
そういったwebサイトはユーザーに優しいwebサイトといえるでしょうか?レスポンシブデザインはユーザーの使いやすさを意識し、パソコンでもスマホでも見やすいようにwebサイトを構成します。

レスポンシブにする理由

レスポンシブデザインで制作しなくても、「パソコンに適したサイト」と「スマホに適したサイト」の2種類を作成し、それぞれにリダイレクトするよう設定すればいいのではないでしょうか?
しかし、そのようにwebサイトを分けてしまうと、webサイトの更新の際にそれぞれを更新しなければいけません。更新の手間が2倍になってしまうのです。分かれて管理することで更新漏れ、編集漏れが起きる可能性もあります。また、アクセス解析を行う際に内容が重複したURLが複数表示されてしまいます。そうすると、しっかりとした解析が行えません。

レスポンシブにする理由

さらにSEO(検索エンジン最適化)的にもレスポンシブデザインはメリットがあります。
Google検索は重複コンテンツを嫌います。パソコンとスマホにそれぞれ最適化したページを2種類作成してしまうと、重複コンテンツとみなされてしまいます。そのため、単一URLで一つのサイトを管理すべきなのです。

しかし、ここで重要なのはレスポンシブデザインを採用しているから検索順位が上がるわけではありません。
レスポンシブデザインにしないことで検索順位が下がることを防いでいるだけです。

レスポンシブのデメリットとその対策

こちらはSEO(検索エンジン最適化)に関してなのですが、webサイトの表示速度が遅いwebサイトはGoogleから嫌われる傾向にあります。
しかし、多くの場合レスポンシブデザインで作成することによりwebサイトが重くなってしまい、表示速度も遅くなってしまいます。そうなると、SEO的にも評価が下がり検索順位が下がる可能性があります。
さらに、様々な画面サイズに合わせた表示を自動で行えるようなコードは、開発にコストがかかってきます。最適な表示をするためには、そのためのコーディングを行わなければなりません。コーディングは専門技術なので、どうしても費用が高くなってしまいがちです。

レスポンシブのデメリットとその対策

しかし、Memorynatorはこういったデメリットを可能な限りなくそうと考えています。
表示速度が遅くなりSEO順位が下がってしまうことに対し、コーディングの方法を工夫し表示速度が遅くならないような構成にしています。無駄なコードを省き、最適な状態で実装する。そうすれば、表示速度の低下は最小限にできます。
また、開発コストに関して。こちらは様々なwebサイトを制作させて頂いた経験からMemorynator制作チームなりのコツがあります。そのため、Memorynatorはレスポンシブデザインも低価格で対応可能です。全ての人にとって見やすいwebサイト作りを目指し、クライアント様にも喜んでいただける制作を心がけています。

webサイトはユーザーに見てもらわなければ、その役目を果たすことは出来ません。
そのため、ユーザーに優しいwebサイト作りはこれから先もずっと課題になるでしょう。

 - ホームページ・ウェブサイト制作

この記事の執筆者:

-->