ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

費用

Memorynatorのリスティング広告運用代行、料金体系について

スポンサードリンク

リスティング広告」に関して、興味を持っていただけたでしょうか?
では実際にリスティング広告の運用を代理店に頼む場合、どのような料金が発生していくのでしょうか?
広告を配信すると言うと、「何十万円、何百万円と多額の請求が来るのではないか」と心配される方も多くおられます。実際はどうなのでしょうか?今回はそのリスティング広告の料金に関して簡単にご説明いたします。

実際の課金広告費

まず、広告掲載に関して絶対的に課金されるものから。
実際にリスティング広告を出稿された方は分かることかもしれませんが、多くの場合「クリック課金方式」と言われる課金方式がとられています。この料金は広告が実際にクリックされ、ユーザーがサイトを訪れる度に課金されます。1クリックに対しての価値があり、その料金を支払う方式です。

オフライン広告としてフリーペーパーや新聞に広告を掲載された経験がある方は理解しやすいかもしれません。
多くのオフライン広告は広告を掲載する枠に対しての料金が加算されていきますが、リスティング広告の場合は広告表示によって料金が発生するのではなく、ユーザーがサイトを訪問するためにクリックしたという実績をもとに課金されます。そのため、基本的には広告を掲載する、表示させるためには料金は発生いたしません。「クリックされた」という結果に対しての課金がされていきます。
そのため、オフライン広告では不可能だった「効果の検証」が可能になります。オフライン広告で広告枠に対していくら、といった課金方式ではその広告枠に本当にそれだけの価値があるのかを測ることができません。しかし、リスティング広告ならばクリックされたという結果は残り、そのクリックに対しての対価を支払うので広告出稿にそれだけの価値があったのかという効果検証が可能になります。

それでは、そのクリックされた際に支払う広告費、いったい誰に対して支払うのでしょうか?広告代理店でしょうか?
リスティング広告などのネット広告はGoogleやYahooなど、インターネット媒体の中に掲載されています。そのため、その広告費はGoogleやYahooに対して支払います。フリーペーパーや新聞の広告でも、広告費はその出版物を出版している会社に支払いますよね?それと同じような考え方です。

代理店への支払額

では、実際に広告代理店に支払う金額は?というと。
上記のように広告費に関してはクリックされただけの費用をGoogleやYahooの媒体に支払う必要がありますが、運用している代理店に支払う金額はどうなのでしょう?

たいていの場合、「運用手数料」として請求されます。
この運用手数料に関しては代理店様各社で決められているので一概には言えませんが、たいていの場合は「広告費の20%」とされている場合が多いです。

クリックされ実際に発生した広告費が30万円だった場合は手数料が6万円で合計36万円の請求。
実際の広告費が100万円だった場合は手数料が20万円で合計120万円の請求。となるパターンですね。
その広告運用手数料が高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれかと思います。広告運用を任せてかた発生した成果に対して、費用対効果がどうだったか。という計算でしか価値は見出せませんね。
しかし、広告費の20%が手数料と言うことは、広告費を大きく吊り上げれば代理店の手数料は上がり、代理店が儲かる仕組みです。
実際には30万円の広告費で成果の出せるところを、広告費として40万円使用していれば、代理店は手数料としてプラス2万円の儲けになります。

そのため、実際には広告費を消費しているだけで、成果に繋がらないようなキーワードを登録しクライアント様の広告費を無駄遣いしているような代理店も多くあるようです。そのような代理店はあらかじめ決められた予算額をオーバーして使用し「広告費が足りないので結果が出ない」といわれることもあるようですので要注意ですね^^;

Memorynatorはどうなの?

そういった代理店様とのトラブルを受け、Memorynatorは定額の手数料で運用代行を引き受けております!
基本的には、使用するメニューやレポーティングの内容をあらかじめ決めさせていただき、それから広告費予算額を決めていただくような流れです。
クライアント様が求めておられる目標を達成できるよう、運用代行者が最大限のパフォーマンスを発揮できるように考えた料金体系です。目標に対して広告費の変更が必要な場合も、データから論理的に理由を説明させていただきます。
これも、制作から一貫して引き受けているMemorynatorだからこそできる体制だと感じております。

今回、広告運用代理店とMemorynatorの料金体系の違いについて書かせていただきました。使用される広告費に対して手数料が変化する体制と、運用を代行する手間に対して手数料が発生する体制。どちらがよろしいでしょうか?ここはクライアント様によって様々かと思われるので、クライアント様のご希望に合わさせて頂いております。
クライアント様の目標達成を目指して、これからも運用を行ってまいります。^^

 - リスティング広告運用代行

この記事の執筆者:

-->