ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

福井県でPPCを始める際の注意点

福井でPPC広告を始める前に注意する点!

スポンサードリンク

福井県の地元企業でも、リスティング広告(PPC広告)を活用される企業様が増えてきました。

そういったプロジェクトに関われるのは嬉しいことなのですが、
リスティング広告を開始する前に、確認しないといけないこともありますよね?

しっかりと戦略を立てたプロモーションを行っていかなければ
リスティング広告を配信することで思わぬ損失を招く可能性があります。

 

LTVの考え方

LTV(Life Time Value)とは顧客生涯価値のことです。

単発の売上を意識するのではなく、顧客がリピートしてくれることによって利益の拡大を望めるスタイルです。
LTVとリスティング広告に関しての関係性はこちら

福井でPPC広告×実店舗をする上で最も大事な3つのこと

確かに顧客生涯価値が高い商材などでは、CPAの基準も変わってきますよね。
ユーザー獲得単価として計算すればいいわけですから。

利益に見合う方法か

しかし、いくらLTVがいいからと言っても
全てをリスティング広告経由で獲得していては意味がありませんよね?

2回目の購入も、3回目の購入も・・・ずっとリスティング広告を経由した購入だったとすれば
そのユーザーに対してはそれだけのコストが発生します。

毎回、広告費用が発生しているので販売元の企業様はいつまでたっても利益が発生しません。

 

このことからも分かるとおり、LTVを伸ばす方向なのであれば
ユーザーに対してのアフターフォローが大事になってきます。

一度購入したことがあるユーザーがもう一度広告経由で購入する必要が無いように
お店側からのアプローチも必要ですし、アカウント管理者が行う施策も大事です。

商品が売れればいい、CPAが低ければいい、予算を使い切れればいい
このような考え方では、本当にクライアント様のためになっているでしょうか?

クライアント様が目指している目的に則した施策を提案しましょう。

 

CPAの考え方

リスティング広告(PPC広告)を調べた経験のある方はご存知かと思いますが
CPA(顧客獲得単価)を下げれば、良好な広告と判断される場合が多くあります。

クライアント様はCPAをとにかく下げて欲しいとおっしゃる場合が多くあります。

しかし、その場合のCPAは何に対してのCPAでしょうか?

商品ごとのCPAも変わるでしょうし、ユーザー属性によっても変わります。
ユーザーが新規なのか、リピーターなのかによっても変わるでしょう。

適切な設定を

安くお客さんを集めたい!
という考えは分かりますが、何を基準に「安い」と決めますか?

 

 

簡単な例えを出してみましょう。

あなたは「おいしいで生姜」という「おかき」を販売しようと思います。

現在は福井県内を中心に販売していますが、今後は全国をターゲットとして販売促進していきたいと考えます。
そこで目をつけたのがリスティング広告です。

この場合、
「おいしいで生姜」
と商品名で検索してきた人に対してはCPAを極力低く獲得できるでしょう。

しかし、
「おかき」
と検索してきたユーザーに対してはCPAが少し上がるかもしれません。

さらに
「お菓子」
と検索してきたユーザーに対してはCPAがさらに高騰するでしょう。

 

福井県内のユーザーに対してはCPAは低いかもしれませんが
同じキーワードでも全国向けではCPAが高騰するでしょう。

リスティング経由でリピーターも獲得しているとしたら、
リピーターは商品名検索をしてくれるのでCPAが低く収まるかもしれませんが
新規ユーザーは広いキーワードで検索するのでCPAが高騰する可能性が高くなります。

こういった要素を全て加味した上でCPAを適切に設定するべきです。

「CPAは〇〇円以内!」と一括して設定されてしまうと
新しいアプローチも出来なくなるかもしれません。

この層に対してはCPA〇〇円以内
ここに対しては〇〇円以内
このユーザー層なら〇〇円。

と細かく設定し、全体でのCPAを確認しましょう。

さいごに

リスティング広告(PPC広告)には、さまざまな効果があります。

その効果だけを見ると夢がひろがるかもしれませんが、
細かい部分の戦略、戦術をしっかりと固めて広告運用を行っていきましょう。

福井でリスティング広告(PPC広告)を頼む際に重要な項目はたくさんあります。
その内容に関してはコチラをご参照ください。

福井でリスティング広告(PPC広告)を頼むなら

 - リスティング広告運用代行

この記事の執筆者:

-->