ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

被リンク

【SEO対策】被リンクの集め方

スポンサードリンク

良質な被リンク集められていますか?

前回、SEO対策に関しての記事を書かせていただきました。

今回はそのSEO対策で重要な要素となるリンクに関してです。

被リンクとは

まず、被リンクとは何でしょうか?
被リンクとは、Webサイトやその中のWebページが他のサイトからリンクされることを指します。自信のホームページであれば、誰かがあなたのホームページを見てそのページに対してリンクを張ってくれれば被リンクは1となります。被リンクを集めることを「リンクされる」などと言ったりしますね。この被リンクを集めることがSEO対策の第一歩です。

逆に、こちらからリンクを張ること(自分のホームページ以外にリンクを飛ばす)を発リンクといいます。発リンクをすると自分のホームページ以外にユーザーが逃げていってしまうように感じるかもしれませんが、発リンクにもSEO効果はあるようです。しかし、この発リンクのSEO効果に関しては実際のところSEO効果ははっきりと検証されていないようです。ただ、僕自身も発リンクを行うようになってからSEO順位が上昇した経験があるので何かしらの効果は生じているのだと思います。

被リンクを集めると

被リンクの集め方

被リンクをたくさん集めていると、そのコンテンツがユーザーにとって有益だとGoogleに認識されるのでSEO順位が上昇します。Googleはユーザーにとって有益なコンテンツを評価しているので、その評価基準のひとつが被リンクの数になっています。

また、被リンクをたくさん集めることに成功すれば他のサイトからユーザーが流入してくる可能性が上がります。被リンクが多ければ多いほど、他のホームページからの流入も増えるでしょう。

するとあなたのホームページのアクセス数は格段に上昇します。自分のホームページに対して検索してくれたユーザーではなくても、他のホームページを閲覧していたユーザーが流入してくれます。あなたのホームページの窓口が一気に広がるわけですね。単純に、窓口が広がればそれだけ多くのユーザーが訪問してくれます。ユーザーはインターネット上を水のように流れているので、あなたのホームページの入り口を広げてあげることがまず最初にできることかもしれませんね。

被リンクの集め方

では、どのようにすれば被リンクを集めることができるのでしょうか?

リンクを集める方法がわかれば、その方法だけでSEO対策ができますね。

リンクを買う

過去のSEO対策ではリンクが最重要要素となっていたので、リンクを集めるだけでSEO上位表示が可能でした。そのため、「リンクを売る」行為が横行していました。

SEO順位を上げたい人はどうにかして被リンクの数を稼ぎたいので、リンクを張ってくれる人を探します。しかし通常、他のユーザーはそんなに簡単にリンクを張ってくれません。まず、あなたのホームページの存在すら知らないのですからリンクを張ることなんてありませんよね。

そこで、「〇〇円でリンクを張りますよ」というサービスが誕生しました。自分のホームページに対してのリンクを集めたいけれど集められない、被リンクが欲しいユーザーに対してただリンクを張ってあげるだけでお金がもらえるわけですね。被リンクが欲しいユーザーはとても多いので、そのサービスは一気に広がります。

また、自作自演でのリンクもSEO業者が良く使う手です。コンテンツの発信を行うことが目的ではなく、リンクを張ることだけを目的にした行為です。

そのサービスを利用して被リンク数を集めたユーザーのSEO順位も一気に上がります。どちらも得をしているのでwin-winの関係・・・でしょうか。
実はそのSEO対策も長続きしませんでした。Googleからの評価を一気に下げてしまったんですね。何故でしょう?win-winだったのでは?

先ほどのリンク行為で得をしていない人がいますよね。
一般ユーザーです。一般ユーザーは悩みや調べたいことがあってインターネット検索をします。自分の知りたいことがあって検索しているのに、表示されるページはその内容を含んでいません。薄い内容のページしか表示されていません。でも検索順位は上位に表示されています。そのような状態では目当ての情報を得ることができませんよね。

Googleはそういった状況を打開するために、単なるリンク数でのSEO判断をしなくなりました。Googleは検索エンジンを多くのユーザーに使ってもらわなければいけません。リンク数だけが多いサイトが上位表示されていると、ユーザーは本当に知りたい情報にたどり着けずに検索行為をやめてしまうかもしれません。それはGoogleが望んだ状況ではありませんね。

そういった経緯から、Googleは被リンク数だけでのSEO判断をしなくなりました。

現在の効果的な被リンクの集め方

被リンクsns

では、どのように被リンクを集めればいいのでしょう?
一言で言ってしまうと、「良質なコンテンツを生成する」ことが被リンクを集めるための最良手段です。

先ほどのような行為はなぜGoogleの評価を下げたのでしょう?
ホームページ内のコンテンツがユーザーにとって有益ではなくなっていたからですね。そのため、ユーザーにとって有益なコンテンツを配信することが大前提となります。ブラックハットSEOでは、他の手段も多くありますが、ホワイトハットSEOを行っていくならばコンテンツの内容が第一と言っても過言ではないでしょう。

有益なコンテンツを閲覧したユーザーは、他のユーザーにそのコンテンツを紹介したいと思うことでしょう。そのユーザーも自分のホームページを持っていた場合、自分のホームページであなたのコンテンツを紹介してくれるかもしれません。その際にユーザーがリンクを張ってくれれば、被リンクを集めることができます。
良いコンテンツが評価され、閲覧したユーザーが拡散目的でリンクしてくれる。これが理想的な被リンクですね。

現在はSNSが広く普及しています。SNSのシェアという機能、ご存知ですか?
ユーザーは自分が気に入ったものを友達にシェア(教える)ことができます。すると、その友達の友達がまたシェアしてくれます。・・・この繰り返しで広く多くの人に知られていくわけですね。

このように広く多くの人に広まれば、それだけアクセスを集めることができます。最初に話したように、ホームページの窓口を広げることができます。SNSは若者が使う友達とのツール・・・とはいえないような状態になってきています。SNSは立派なビジネスツールになりました。

ナチュラル被リンクを集めるためには、良質なコンテンツを作り続けること。
これが一番重要です。Googleのアルゴリズムを逆手に取ったような方法は現在は使えなくなってきています。

SEO対策を行っていくためには、まず良質なコンテンツを作り続けていきましょう。

 - リスティング広告運用代行

この記事の執筆者:

-->