ホームページ制作 漫画で説明

効果が実感できる、ユーザーの記憶に残る制作なら「Memorynator」

0776-65-9795

営業時間 10:00~18:00

リスティング広告って?

リスティング広告って?

スポンサードリンク

Webマーケティングの際によく耳にする「リスティング広告」とは実際どのようなものなのでしょうか?
簡単に説明するならばGoogleやYahooなどのwebページに表示されるネット広告のことです。GoogleやYahooは独自の検索エンジンを持っているので、それぞれに適したリスティング広告を出稿する必要があります。そのため、リスティング広告は大きく分けてGoogleとYahooの2種類になります。

しかし、広告の表示内容には大きな差が無いため今回は「リスティング広告」とひとまとめにして説明していきます。

検索連動型広告(キーワード広告)

一口にリスティング広告といっても大きく分けて2種類の掲載方式があります。
一つは「検索連動型広告」(サーチエンジンマーケティング)です。別名、キーワード広告とも言われます。

検索連動型、その名の通りユーザーが検索したキーワードに適した広告をテキスト形式で表示します。ユーザーが検索した語句に対しての広告なので、顕在層に向けてのアプローチが可能となります。「見込み顧客」をどのように誘導し「今すぐ客」へと変化させるかが重要になってきます。
検索連動型広告は、Webページ全体に表示されるわけではなくユーザーの検索結果画面に表示される広告です。検索されたキーワードによって表示される広告なので、ユーザーのニーズをしっかりと理解する必要があります。
キーワードに応じて広告が表示されるとのことですが、表示させるキーワードは自分で任意に決定が可能です。

例えば、近所の美容室を検索したい場合あなたならどのように検索しますか?
「美容室 ○○区」など目的のキーワードと地域名の組み合わせを検索しますか?それとも「美容室」だけでしょうか?「髪を切りたい」と検索するユーザーもいます。
ユーザーによって検索する際のキーワードは様々なので、広告を出稿する側はいかに見込み顧客に対して自分の広告を表示させるかが重要になってきます。そのため、登録するキーワードも「美容室」や「髪」、「理容室」などを登録するのではないでしょうか?

キーワード登録に伴い、掛け合わせのキーワードも検討するべきです。
掛け合わせのキーワードとは、先ほどの住んでいる場所の地域名や、営業時間などですね。それと、固有名詞だけではなく動詞での検索も考えなければなりません。
このように、キーワードに対しての出稿と言っても方法はとても多くあります。それぞれのユーザーの検索意図を汲み取り、広告を掲載していくことが重要です。
ということは逆に、広告主側でユーザーを絞り込むことも可能です。「安い 美容室」などのキーワードを登録しておけば、安い美容室を探している人にだけ自分の広告を表示させることが可能です。自社の優れている部分を検索キーワードに登録しておけば、今すぐ客を獲得しやすくなるのではないでしょうか?

ディスプレイ広告(バナー広告)

もう一つの広告が「ディスプレイ広告」(バナー広告)です。
ディスプレイという名の通り、主に画像を表示させる広告掲載方式です。Webページを閲覧している際に、ページ脇に四角い画像を見たことは無いでしょうか?それがディスプレイ広告です。そのときの画像はどのような画像でしょう?自分が調べている内容の画像でしたか?まったく違うジャンルのバナーでしたか?そのバナーをクリックした場合、今見ているサイトとは別のサイトへ飛んでいくことが多いのではないでしょうか?

ディスプレイ広告は検索されたキーワードによって表示される広告ではないので、潜在層に向けてのアピールも可能です。さらに、ユーザーが興味関心を抱いている分野をターゲティングし、興味関心が一致するユーザーにだけ表示させることも可能です。
また、別のパターンとして横に表示されるバナーが「なんか見たことあるな」と思われたことはありませんか?それはリターゲティングによるディスプレイ広告の表示かもしれません。リターゲティングとは、サイトを訪問した履歴のある人にだけ表示させる広告です。一度サイトを訪問したけど、アクションを起こさずに離脱してしまった人に対して再度アプローチが可能です。
他にも、ユーザーに表示させる方法はたくさんありますが、このように表示させるユーザーを選ぶことをターゲティングと言います。いつも同じようなジャンルの広告が目に付く場合、あなたは広告主にターゲティングされているのかもしれませんね。

最後に

このように、リスティング広告といっても様々な方法があります。広告を運用する際にはたくさんの設定方法の中から自分のサービス、目的に適した方法を選ぶことが大切です。
さらに、リスティング広告は「運用型広告」とも言われ広告を掲載し続けながらリアルタイムで効果測定をし、状況に合わせた改善していくことが可能です。このリアルタイムで改善できることがリスティング広告の一番の強みだと感じています。
しっかりと戦略立てた広告の配信。掲載結果の確かな検証。リアルタイムでの広告改善。この流れをしっかりと作ることリスティング広告で成功する秘訣かもしれませんね。

 - リスティング広告運用代行

この記事の執筆者:

-->